スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Herbie Hancock & The Headhunters - Chameleon


今日は黒い音を一発。
ヘッドハンターズ1974年のライヴ映像ね。

ハービーはこの曲「カメレオン」でジャズとファンクの垣根を取っ払って、
ジャズマンとしては異例の、アメリカのお茶の間でも知られる存在となった。

のちにこういった、ジャズ・アプローチのファンクは、
「フュージョン」というジャンル分けをされるんだけど、
この時代の機材は、不恰好でメカニカルでカッコイイね!アナログな、まさに音を出す「機械」といった感じだ。なかなかロックしてるね!


☆『Yes!Music,Yes!Life』☆

コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gavrochedrumsblog.blog87.fc2.com/tb.php/466-28746cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。